TOKYO-HOT fan.

アダルトコンテンツを含みます。18歳未満の方はご退場ください。
  • 東京熱(Tokyo-Hot)

新着情報

強制イラマ嗚咽姦 久保純 レビュー

強制イラマ嗚咽姦 久保純 のレビューです。
ハズレの無い東京熱の軟体女優作品。この作品もやはりアタリです。


新入社員の純が自己紹介をする場面からスタート。外資系の会社ということで英語での自己紹介を求められる。
早速流暢な英語で自己紹介する純。日本語も英語もかすかにブレスが漏れるような可愛い声。
東京熱コーポレーションではただ挨拶すればよいわけでないと、リモコンローターを渡される純。使い方を知らないという純に先輩社員は新人教育を開始。パンツにローターを入れてスイッチオン。英語で自己紹介を続けさせる。感じてしまった純はソファーに座り込んでしまう。君にふさわしい玩具があるとローターをはずして次の教育へ。

おっぱいを露出させられ、当社の商品だという電動歯ブラシを渡される純。使ってみろと言われ歯を磨こうとする純。違うだろうと乳首に当てられる。次は電動カミソリのヘッドを外した商品が登場。乳首、パンツの上から秘部に当てられた後、パンツを脱がしてクリをピンポイントで刺激。クリが勃起してくるのがわかる。強く押し当てられてイってしまう。

イってしまってうまく受け答えできない純。そこで発声練習にフェラをしながら喋る練習。必死に喋ろうとする純だがうまく喋れない。ローターを挿入されマウントフェラ。電動ハブラシと電動カミソリでオナニーも求められる。また電動カミソリでイカされた後、前半のカラミへ。

「体が柔らかいと聞いているけど」と大開脚させて正常位で挿入。いよいよ軟体を披露。
挿入後、すぐに息の荒くなる純。オモチャ責めで2度イっているのが効いているのか、そのまま突くと体を波打たせて感じる反応がエロい。
バック。可愛く反応し「イク、イクッ」とイってしまう。アクメ時のビクビクの反応がいい。片足を高く上げて突いた後、バックでまたアクメ。かなり息が荒い。

立ちバックで「イク」と声を出し男優もろとも前に倒れこむ。バックからクンニした後、大開脚の側位。またもイってビクビクの純に間髪入れずクンニ。騎乗位。イカされまたがったまま痙攣。

そして正常位で中出し。お掃除フェラ。まだまだ教える。他の先輩にも教わるよういわれ前半が終了。

前半は玩具が地味で長く退屈ですが英語をしゃべれる才女の純は魅力的でこの後やられると思うと嫌がおうにも期待が高まります。カラミもちょっと長い(前半のカラミ終了までで59分)が純がよく感じていて荒い息使いとアクメ時の痙攣がいい。この反応は後半が楽しみです。
首輪をつけられ全裸の純は先輩社員に教育される。
「そんなんで社員なんですか…」と嫌悪の表情。「どのくらい足開くんだ?」と自ら開脚させられる。
まずはクスコで内部を視姦される。自分でおっぴろげて英語卑猥な言葉を言わされる。

電マ3本を体に這わされ怯える純。そしてオマンコに当てられる。体をクネらせ抵抗する純の首をしめ卑猥な英語を言わさせた後、バイブを挿入して電マ。耐えかねて無言でイってしまう純。さらに続けて当てられ無言で連続アクメ。目がうつろな純。

次は嫌そうな顔の純にフェラ。言葉責めに抵抗する純にねじ込みフェラさせる。さらにイラマ。2本、3本、同時フェラでヨダレだらだら。

カットがあって後半のカラミへ。正常位で挿入。両端を閉じた状態で抱えパンパンと突くと悶えイってしまう。
立ち状態、Y字バランスで立位挿入。立ち状態でイってケンケンするように痙攣。休まず逆足でY字バランス立位。またイク純。

背面騎乗位。大開脚でピストン。エロい体位。同時にフェラ。両足に擦り付けられイクと飛びおりるように抜いてしまう純。開脚側位。同時にしゃぶらされるがすぐに悶え出しアクメ。
開脚でのバック。大声で喘ぐ。のたうつようにイってしまう。

ソファーで騎乗位。高速ピストンでイカされる。立ちバックでハメられながら口でフェラ。イカされ倒れこむ。
そして正常位。シーツを掴んで悶えまくる純に1本目が中出し。
2本目が側位。自分で片足を持たせた開脚状態で中出し。

お掃除フェラ中に3本目が正常位で挿入。騎乗位にさせ高速ピストンで中出し。
4本目はバックで純の腰を持ってハードにピストン。純がイった後、中出し。
最後、ソファーにテープで開脚状態で放置され終了。

タイトルのイラマ嗚咽は確かにシーンがあるけどピンとこない感じで、軟体も全面に押している感じはないです。プレイも比較的ソフトで連続流し込みなどもありません。が、女優いい。イキやすいのか鬼逝き並にカラミでイキまくりなんですが、ギャーギャーとうるさい感じがなくて止まらなくなる感じが可愛いです。英語をしゃべれるのもあって知性を感じる女優。軟体はかなりのもの。体も綺麗だし軟体全面でもう一作出て欲しいですね。

2014年12月20日