TOKYO-HOT fan.

アダルトコンテンツを含みます。18歳未満の方はご退場ください。
  • 東京熱(Tokyo-Hot)

作品一覧

勧誘奨励!極悪輪姦占い師 藤川唯

勧誘奨励!極悪輪姦占い師

評価で抜ける作品を見つけよう。評価にご協力ください。
あなたにとってこの作品は?抜けない★1つ〜抜ける★5つ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
出演女優
藤川唯
シリーズ
撮りおろし徹底陵辱ビデオ
作品番号
n0221
リリース
2007-05-11
収録時間
01:13:09
カテゴリー
顔に精液中出しオナニー輪姦中出しオモチャ責めクスコ膣内見せ髪に精液胸に精液
作品紹介
サラサラのロングヘアーが魅力的なスレンダー美女・藤川唯を撃沈しました。人間は誰しも悩みを抱えているものです。若い女の子ならば人に言えない悩みが幾つもあって当たり前。悩み事のため教室で塞ぎ込む唯に男友達が声を掛けます。そしてその男友達にどんな悩みも解決してくれるという占い師を紹介されます。占い師の暗示に掛けられた唯は自ら進んで陵辱の餌食に。華奢なボディが乱暴に犯される光景は痛々し過ぎる!
唯は男友達の勧めに従い占い師のもとを訪れる。全てに対し感謝の気持ちを持ちさらに心身を解放することで悩み事は解決すると占い師は強調。唯は手始めとして占い師に自分の身体を慰めるよう指示されオナニーを開始する。開脚ポーズでオマンコを弄くった後ローターでクリトリスを刺激してイッてしまう。
続いて青年が登場。その青年の悩みを取り去り心身を解放するよう指示された唯は早速フェラチオ開始。ソファーでシックスナインの後立ちバックで生姦。続く騎乗位で下からの突き上げに白濁愛液が大量に噴出。正常位に移り唯はイかされると同時に精液を注入される。唯は中出しされたことに感謝。しかし別室で先程の占い師と青年さらに占い師を紹介した男友達が集まる。占い師は実はインチキ。唯を陵辱するために仕組まれた罠だったのだ。
彼等は唯をさらに騙すため“感謝祭”を企画。唯は徹底的に中出しされることになる。続く場面何も知らず悩みから解放されたと思い込んでいる唯はソファーで開脚ポーズ。オマンコは既に大量の愛液でグショグショだ。ローター&バイブ責めが始まる。膣口に白濁愛液が噴き出した瞬間バイブがズブリ。強烈な刺激に唯はイかされる。さらにバックスタイルで極太バイブがズブリ。愛液を大量に垂れ流しながら唯は再びイカされる。その直後オマンコにクスコが挿入。白濁愛液でドロドロの子宮口、傷付いた膣はこの後続く生チンポの極悪な責めでさらに酷くボロボロにされる。
ベッドに移動しオマンコに生チンポがズブリ。正常位、側位、背面騎乗位と激しいピストンは続く。さらに唯の口の中には無理矢理チンポが放り込まれバック、騎乗位と続き最後は正常位で生中出し。大量の精液がオマンコから逆流。拡がったままのオマンコに2本目が強引にズブリ。強烈なピストンの後膣の奥深くに精液が注入される。
連続中出しは小振りのオマンコを予想以上に破壊し膣壁はボロボロ。しかし極悪にも3本目が直ぐに生姦を開始。既に唯は朦朧状態。無残な状況のオマンコに正常位で生中出しが強行される。
感謝祭を締め括るのは精液強制顔射。顔に精液を浴びることで唯は男達の悩みを解決するのだ。そのため悩める男達が集められる。唯は合計18人分もの精液を顔面に浴びる事に。発射される方向に顔を向けられ射精の度に感謝を表明。2発同時に浴びる場面には本気で嫌がる。
事後新しい女が引っ掛かったという知らせが…。男達は直ぐにその場を退却し次の獲物の元へ。用済みの唯は精液に汚染されたままその場に残される。本編の最後に別のカメラで捉えられた超ドアップの顔射場面を収録。飛び散る大量の精液で整った唯の顔が苦痛に歪む光景に興奮!馬鹿な女がまたひとり葬り去られました。
女の悩みを巧みに利用した今回のプレイは占い好き女を嵌めるには最適な方法。この後唯は膣内の疼きが酷くなるという新しい悩みを抱え占い師を尋ねその度に生姦されます。疼きは酷くなる一方。悩みは当分の間解決しないでしょう。

05-11-2007記
本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオはサラサラロングヘアとスレンダーバディーの美少女、藤川唯の『勧誘奨励!極悪輪カン占い師』を配信です。 5月も中旬になり、巷の新人(女子学生・OL)さんたちも徐々に新しい社会に慣れ始めたこの頃、一番出没するのがインチキ勧誘男。奇妙なサークルや怪しい宗教に引きずり込もうと至る所で網を張っております。もちろん「チーム木村」も網を張ってますけどw
東京熱の作品ページへ TVdeAVの作品ページへ 東京熱の作品ページへ TVdeAVの作品ページへ

この作品のみんなのコメント

コメントはありません

この作品の評価や感想をコメントする